BLOG ブログ

当院では、
iTero5Dを導入しています

3D光学スキャナーの良さ 3D OPTICAL SCANNER

Point1 不快感の少ない
歯型の採取

従来、歯型を採る際には印象材と呼ばれるピンク色のシリコン素材のものを口腔内に入れて型取りを行っていました。iTeroでは、スキャナーを口腔内に入れ1分ほどスキャンするだけで立体的な歯型の採取が完了します。
そのため、短時間で患者さまの負担も少なく歯型を採取できることが可能です。

Point2 高精度な
スキャニング

iTeroは、口腔内を精度の高い3D光学でスキャニングを行い、精密なデータを得ることが可能です。
より精度の高い矯正治療やマウスピースを提供いたします。

Point3 トラブルの軽減

iTeroでは、口腔内に印象材を入れる必要がないため、不快がなくのどに流れ込み誤って飲み込んでしまうという心配もありません。
嘔吐反射がある患者さまや小さなお子さまでも安心して歯型の採取が可能です。

Point4 データで保管

模型で歯型を保管する場合、変形・劣化などにより正確なデータを得られないことがありました。しかし、iTeroでは、スキャンした歯型をそのままデータ化して保存することが可能です。変形もなく矯正治療への影響がないため、より精度の高い治療を提供することができます。

無料で歯の動きを
実際に確認できます!

3Dシミュレーション

治療前に、「その場で現在の自分の歯並びや歯がどのように変化していくのかを確認したい」という方は多くいらっしゃるかと思います。
iTeroを使用することで、撮影したデータを基に、その場で矯正中の歯の動きをシミュレーションで確認することができ、治療内容がよりイメージしやすくなります。

精度の高い診断を行います!
むし歯のチェック

iTero5Dは、近赤外線(NIRI)という機能があり、むし歯の診査が可能となっています。iTero5Dの近赤外線機能を使用することにより、目視やレントゲンで見つけられなかった小さなむし歯を発見することができます。これにより、精度の高い診断、むし歯の早期発見・早期治療が可能となりました。