BLOG ブログ

転勤や引っ越しでもグループ院なら安心


全国に歯科医院は7万院程度あります。
そしてその中の80%が個人の歯科医院です。
当院は中国地方を中心に9医院を展開するグループ院です。
グレープ院ならではのメリットとはどのようなものなのでしょうか。


■グループ院とは

歯科医院のグループ院とはどのようなものを指すのでしょうか。


医療法人化している歯科医院です

グループ院とは、医療法人化している歯科医院のことを指します。
院長である歯科医師個人が運営しているのではなく、会社として団体で運営を行っています。
全国で20%前後の歯科医院がこの医療法人です。
2000年当初と比べると、この医療法人の歯科医院は倍近くに増えています。


医療機関の複合施設化が進んでいる

最近では医療機関の複合施設化が進んでいます。
歯科医療以外の皮膚科や整体など、さまざまな施設を併設しているところもあるため、患者様により良いサービスを提供しやすくなっています。
グループ院だとこのような新しいトレンドも取り入れやすくなります。


■グループ院のメリット

では、グループ院ならではのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。


転勤や引っ越しでも安心

グループ院のメリットは、何といっても転勤や引越しなどの際も安心という点です。
もし転勤や引っ越しをする際、グループ院にかかっているわけではないとそこで歯科医院を新たに探し、今までの状況を説明しなくてはなりません。
転勤や引っ越しなどで忙しい時に歯科医院を探すのは大変でしょう。
グループ院であれば 転勤や引っ越し前から、通っている医院で次に通う医院を決められるため、移行がとてもスムーズです。


診療情報を共有

グループ院内では全ての診療情報がきちんと共有されています。
そのため治療途中であっても、現在の状況がすぐに分かります。
またそれまでに蓄積された過去のデータも全て転院先の歯科医院に移行されるため、もし何か起こっても過去のデータにまでさかのぼって調べることができます。
どの治療においても診療情報が正確に共有されることはメリットです。
しかし、特に矯正歯科の場合は、長い時間かけて矯正を行ってきたデータをそのままグループ院で引き継いで、その後も治療ができるというのは大きなメリットになります。


希望や考え方も事前に共有

また診療内容だけでなく、その方それぞれの治療への希望や考え方なども事前に共有しておけるため、改めて説明する必要がありません。
歯科医院での治療はいろんな選択肢があるため、最初から「この患者様はこの選択肢は選ばない」と伝わっているととてもやり取りがスムーズです。


転院時にかかる費用が軽減できる

グループ院でない医院に転院を行うと、転院先で新たに検査などを行う必要があるかもしれません。
グループ院に転院すればこの費用を軽減することができます。


情報や技術交流を行って一定の技術力を保つ

グループ院である歯科医院で働く歯科医師は、常にお互いの情報や技術を共有しています。 
個人の歯科医師の中でも交流会や勉強会は行われていますが、グループ院の歯科医師同士はさまざまなタイミングで交流を行うため、もっと緻密に頻繁な情報や技術の交換を行っています。
そのため全体のレベルも高くなり、転院先でも同じレベルの治療が受けやすくなっています。


【ライフスタイルの変化に柔軟に対応します】

全国で増え続けている歯科のグループ院は、選択するメリットがたくさんあります。
患者様のライフスタイルの変化に柔軟に対応し、一定の歯科医療サービスを提供することができます。
もし転勤や引越しの予定があり、その先でも安心して歯科医療を受けたいというようなご事情がある方は、ぜひ一度当院にご相談下さい。